あなたの街の不動産投資の専門家をご紹介する総合サイト

不動産投資ネット

不動産投資の特徴

不動産投資は、不動産の特徴が反映された投資方法です。不動産投資は、他の投資より法律などの規制が厳しいと言われています。
不動産の1番の特徴として、建物は建築当初が最も新しく資産性があり、改築をしない限り、時間とともに必ず劣化します。土地が汚染された場合や大地震などの自然災害などによって、建物が滅失、倒壊、破損してしまった場合などの要因や環境問題などにより、対象となる不動産の運用成果へ影響を与える場合もあります。

投資には、様々なリスクが伴うため、投資に対する利益は不確実です。また、投資が成功した場合の見返りのことをリターンと呼びますが、一般的にリスクとリターンはある程度比例関係にあります。

預貯金のリスクは、金融機関の破綻によって資金が返ってこないという点です。しかし、その可能性は非常に低く、見返りとなる金利は非常に低く設定されており、「ローリスク・ローリターン」の投資となります。

株式投資は、投資した会社の業績によって株価が下落したり、破綻によって株式の価値がゼロになるリスクがあります。その代わり、景気や会社業績などで企業価値が上がったときは株式の価値が数倍にもなったり、配当金が得られる可能性があります。そのため、株式投資は預貯金よりも安全性の低い「ハイリスク・ハイリターン」の投資となります。

不動産投資は賃料の下落や、空室によって予定していた収入が見込めない場合、不動産価格の下落、地震などの災害によって建物が倒壊してしまうといったリスクを伴います。しかし、基本的には土地がある限り価値がゼロになるという可能性は極めて低く、「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資となります。

今すぐ専門家を探す

不動産投資に強い専門家をPICK UP!!

不動産投資に強い専門家を「不動産投資ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード