不動産投資の魅力

○安定収入

不動産投資の収入の基本はインカムゲイン(家賃収入)です。家賃収入などをベースに定期的な収入が得られる点は特に魅力的です。
家賃収入は短期的に大きく変動することはほとんどありません。そのため、株式投資と比較して安定した収入を得る方法と言えます。また、近年では低金利のため、預貯金よりも多くの運用益を得ることが可能です。

○年金の代わり

住宅ローンの返済を終了した後には、家賃収入から必要経費を差し引いた金額を、受け取る事も可能です。いわば私的な年金のようなものなので、長期にわたる安全性の高い収入源として考えることができます。
不動産投資の場合、ローンを利用すると、原則として銀行が指定する団体信用生命保険に加入することになります。そのため、万が一、返済期間中に所有者が亡くなった場合には、子の保険でローンの残債がすべて支払われます。残された家族はローンを支払うことなく、物件を所有することが出来ます。このことが年金を補うとも言われる不動産投資の魅力です。

○節税効果

・所得税

「売上-費用」で算出された利益に対して○○%という形で税金がかかります。
例えば、売上が100万円で、費用が100万円だと、利益が0になるため、税金はかかりません。費用が大きくなればなるほど、税金はかからなくなります。
現物不動産投資の場合だと、不動産という現物を所有することになるので、減価償却で費用を計上できるので節税効果があります
減価償却とは、適正な期間損益計算を行う為に「実際に発生していないが、費用として認められている項目」です。
例えば、今期は支払いがない場合でも、費用がかかったということで余分に費用を計上できるため、その分だけの税金が少なくなります。
所得が高額のときは、ローンを活用して不動産に投資し、あえて負債を作り節税することも可能です。

所得税の節税が目的の場合は、損益のコントロールや、他の収入とのバランスなどを考慮して、節税の対象としてふさわしいかどうか、慎重な判断が必要となります。

・相続税

故人の財産を評価する場合、現金や上場株式など有価証券は亡くなった時の時価で、相続税額が算定されます。
不動産の場合、土地は路線価評価、建物は固定資産税評価額で計算します。賃貸している場合はそこから一定額を引くことが可能となります。一般的に不動産の時価よりも相続税評価額が下回っている事が多いため、不動産の時価と相続税評価額の差額分に相当する相続税が軽減されます。
そのため、相続税の節税としては土地を有効的に活用したり、現金を不動産などに転換することが効果的と言えます。
また、相続税の対策が目的の場合には、様々な資産への課税が対象となってくるため、全ての資産を考えた上で決めていくことが必要不可欠となります。

・固定資産税

遊休地に建物を建築し、居住用の建物として活用し、固定資産税を節税する方法もあります。
そこで税金対策として不動産投資をする場合は、税理士等の専門家に相談して、慎重に判断していくことが必要です。

○インフレ効果

景気が良くなり、物価が上がっていく状態をインフレーション(インフレ)と言います。インフレの時は物価の上昇に応じて、不動産を売却した際の売却益となるキャピタルゲインが見込めます。また、家賃も上がる傾向があるため、不動産投資はインフレに強いと言われています。
さらに、不動産そのものの価値も上がります。不動産を年金として考える場合、長期間の運用になるため、収益性とともにインフレによる目減りをいかに防ぐかもポイントです。 ただし、経済情勢の悪化や運用対象不動産に関する環境の変化などによっては、インフレによるリスクヘッジの役目を果たさない場合もあります。

相続税でお悩みの場合は「相続問題相談ガイド(http://www.souzoku-mondai.jp)も併せてご覧下さい。

今すぐ専門家を探す

不動産投資に強い専門家をPICK UP!!

不動産投資に強い専門家を「不動産投資ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード