不動産投資とは

○投資とは

投資とは利益を得る目的として、事業にお金を投下することです。
投資で得られる利益は確実ではありません。利益が得られる場合もあれば、損失となる場合もあります。

○不動産投資とは

不動産投資とは利益を得る目的で、土地やマンション、アパート等の住宅施設やテナントビルなどの投資用物件に資金を投下することです。投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るという場合と、その不動産を購入した金額以上で売却して得られる利益を受け取る場合の、2つの利益を期待して不動産投資をします。
不動産投資では賃料のように定期的な収入のことをインカムゲイン、不動産を購入価格以上で売却して得られる利益をキャピタルゲインと呼んでいます。

資産運用と言えば、株式投資や投資信託、預貯金、先物取引などがあります。
しかし、株式や投資信託は専門知識が必要で経済状況や動向も常にチェックをしておく必要があります。
不動産投資は専門知識が少なくても運用できる上、債券や株券のように資産がゼロになるような極端なリスクも少なく、長期に安定した収益を得られると考えられます。さらに、不動産投資は高い準備金が必要だと思われがちですが、住宅ローンの利用も可能です。近年はローン金利が低いため、限られた資金からでも始めることができる資産運用方法の一つといえます。
また、不動産投資は、不動産の現物に投資します。そのため、地震や火事等の災害が起きない限り、消滅することはなく、リスクヘッジとしては非常に有効です。 不動産投資は、土地の価格の下落に対し、賃料等の相場はそれほど下がることはなく、収益が安定しています。

今すぐ専門家を探す

不動産投資に強い専門家をPICK UP!!

不動産投資に強い専門家を「不動産投資ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード